[PR]

 物語を書くときはいつも、登場人物の一人称に気を使う。何を使うかによって、キャラクターがある程度決まるからだ。

 先日発売された拙著『数の女王』には、「あたくし」や「我(われ)」を使う人物が登場する。これだけでも、どのようなキャラクターか想像がつくと思う。だが、もしこの本が英訳されたら、一人称は全部…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも