[PR]

 山口県周南市で2016年、県立高校2年の男子生徒(当時17)が自殺し、県の調査検証委員会がいじめとの因果関係を認定したことを受け、県教育委員会は23日、当時の校長(60)を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分、教頭2人を文書訓告、部活動の顧問教諭を厳重注意とした。検証委から「いじめに類する行為」があ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも