中国共産党政権が武力で民主化運動を鎮圧した1989年6月の天安門事件当時、首相だった李鵬(リーポン)元首相が事件から30年の節目の年に死去した。党は「全身全霊を人民のために尽くした」と生前の業績を評価したが、国際的には学生らを弾圧した「悪役」のイメージが抜けなかった。▼1面参照

 89年4月、改革…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも