(子と生きる ~やまゆり園事件から3年:4)「頼り合う社会」本気で探るとき 熊谷晋一郎さん

有料記事

[PR]

 障害と出産、子育てを通して、見えてくるものとは――。脳性まひで車いす生活を送る東京大学准教授の熊谷晋一郎さん(42)に聞きました。

 ■障害の有無問わず、孤立しない育児を

 子どもを産むかどうかを自ら決める権利は、誰にでもある。それは広く認識されるようになりました。憲法が保障する権利だと、旧優生…

この記事は有料記事です。残り1594文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント