[PR]

 科学大国である米国は、科学不信の風潮と対峙(たいじ)し続けてきた。神によって天地万物が創造されたとする「創造論」が教育現場で教えられ、進化論教育と対立してきた。国民の約4割が進化論が過ちと信じているという調査もある。2017年には地球温暖化に懐疑的なトランプ大統領が誕生した。人間の活動が気候変動に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも