[PR]

 国に賠償を命じた熊本地裁判決の受け入れ表明から約2週間。安倍晋三首相の謝罪をハンセン病家族訴訟の原告らは「大きな前進」と評価した。一方で、首相が約束した新たな立法措置には「一律の補償ができるかが課題だ」と釘を刺す声も出た。▼1面参照

 首相との面会を終え、原告団長の林力(はやしちから)さん(94)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも