[PR]

 国の諫早湾干拓事業(長崎県)の排水門開門をめぐる裁判の弁論が26日、最高裁第二小法廷である。その法廷に有明海の漁業者、平方宣清(ひらかたのぶきよ)さん(66)=佐賀県太良町=が立つ。故郷の海の再生を願う一心で裁判を闘い、開門判決を勝ち取りながら、漁業者の訴えに耳を傾けずに開門しようとしない国への不…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも