[PR]

 現代人の生きにくさという思いや感覚を舞台化しようとしているのが、劇作家兼演出家で俳優でもある赤堀雅秋の、一連の作品なのだと思われる。「美しく青く」もその例だ。

 あの大震災から8年後の、東北地方と思われる、海と山に挟まれたある町。猿による物的人的な被害が甚大になり、青木保(向井理)をリーダーとする…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも