[PR]

 古代の北京が舞台のプッチーニのオペラ「トゥーランドット」を東京文化会館と新国立劇場が共同制作し、大胆な新解釈で話題を呼んでいる。演出はバルセロナ・オリンピック開会式の演出を手がけたアレックス・オリエ。大津(27、28日)と札幌(8月3、4日)も巡演する。愛による救済を描く古典オペラの「現代版リメイ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも