[PR]

 幹部候補向けの公務員試験で入ったのではない「ノンキャリア」だ。文部科学省初等中等教育局長への就任は「正直、驚きました」。

 大分県出身。大学受験に失敗し、地元国立大学の職員になった。「中央官庁で仕事をする確固たる意思はなかった」が、上司の勧めで転任試験を受け、25歳の時に文部省に入った。

 転機は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも