[PR]

 世間ではいつもどうでもいいことが一番問題にされる

 (キェルケゴール)

    ◇

 人はつねに自分と他人の差異に執着する。どんな賞讃(しょうさん)を得るか、どう重きをなすか、どの地位につくか。そんな世間の「符牒(ふちょう)」でもって自らを意識する。が、それは他の人々に自分が「騙(かた)りとられる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも