[PR]

 「加計学園問題」など、現実の社会で起こっている出来事を想起させる日本製の政治スリラー「新聞記者」がヒットしている。今の政権に対する痛烈な批判を含んだ硬派な作品ながら、公開3週間で観客は33万人を超え、興行収入は4億1千万円に達した。

 映画の興行は通常、1週目の観客が最も多く、そこから下がっていく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも