[PR]

 この5月に物故した、現代日本を代表する文芸評論家、加藤典洋の著作から3冊を選んだ。

 まず『敗戦後論』。戦後の日本は、戦後の憲法や天皇制の処理において生じた「ねじれ」を無自覚のまま放置してきた、という主張は、分かりやすい発問とはいえない。だが、いま政治の問題は、護憲か改憲か、謝罪か謝罪不要か、天皇…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも