[PR]

 暗転したステージのうえに、卓球台と2人の選手が現れた。「ピッ」。試合開始の合図が響くと、ネットを挟んで左側の選手がサーブした。

 テンポよく球音が響く。

 スマッシュを決めた右側の選手がガッツポーズすると、歓声が沸いた。子どもが思わず声を上げる。

 「え、本物なの?」

 東京五輪のスポンサーでもあ…

この記事は有料会員記事です。残り1643文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1643文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1643文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも