[PR]

 梅雨の曇天が真夏の青空へと変わりゆくころ、米作りに励む農家は「穂肥(ほごえ)」をまく作業に精を出す。稲の穂が茎の中で育ち始める時期に施す肥料をいう。湿度は高く、肥料は重く、全身汗まみれの重労働である▼「人に例えるなら、稲は秋の出産に備える女性。夏ばてを防ぎ、体力をつけるための栄養が穂肥かな」。山形…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも