[PR]

 27日は土用の丑(うし)の日。消費のピークを迎えるウナギの値段が高騰している。養殖に必要な稚魚(シラスウナギ)の捕れる量が激減しているからだ。資源としての保護が見通せず、完全養殖の商業化にも課題が残る。日本人はウナギとどう向き合えばいいのだろう。(荻原千明)

 「年々高くなって手が出ない。年に一…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも