[PR]

 少女漫画の枠を超えて、漫画表現に様々な革新をもたらしてきた漫画家・萩尾望都の創作の軌跡をたどる「デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展」(朝日新聞社主催)が東京の松屋銀座で開かれている。

 代表作「ポーの一族」は、バンパネラ(吸血鬼)として、少年の姿のまま永遠に生き続ける主人公エドガーの哀(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも