法廷通訳、増す出番・減る人数 「誤訳」訴え、最高裁へ

有料会員記事

[PR]

 日本に住む外国人や、海外からの観光客が急増する一方、刑事裁判で通訳を担う「法廷通訳」が減っている。質にもばらつきがあるとされ、誤訳を理由に最高裁まで争っている事件もある。資格制度の整備が進まないなか、民間レベルで改善をめざす動きも出てきた。(阿部峻介)

 「(通訳の)趣旨が不明」「(通訳の)質問…

この記事は有料会員記事です。残り1694文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら