[PR]

 ・受精卵の遺伝子を書き換えられる「ゲノム編集」。遺伝病を防げると期待されている

 ・安全性の検証はまだ不十分。「優生的」な発想だととらえ、実施に慎重な声も根強い

 ・能力強化にも利用でき、社会への影響は大きい。目的の「線引き」の議論が必要だ

 ■手法開発、来春にも

 現在は治療法がない遺伝病の患…

この記事は有料会員記事です。残り2192文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2192文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2192文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも