[PR]

 資金不足を抱えながらも全国で増え続けている「子ども食堂」。その「先進県」といわれる滋賀県が、今年度食堂への助成を削減した。民間からの寄付が集まっていることなどが理由だ。子どもの貧困対策にとどまらず、最近は子どもの居場所づくりや地域のにぎわい拠点としても期待されている。自治体には財政支援にとどまらな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも