[PR]

 来年1月の台湾総統選に向け、野党国民党が従来の「親中国」イメージを抑えて、経済重視路線を打ち出している。28日に開いた党大会では「庶民総統」を掲げる高雄市長の韓国瑜氏(62)を公認候補に指名。韓氏は「貧富の差をひっくり返せ」と訴え、社会の不満に応えようとしている。(香港=西本秀)

 「経済一筋 …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら