[PR]

 7月初めに世界文化遺産登録が決まった百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(大阪府)をめぐるシンポジウム「世界文化遺産へのあゆみ」(関西大学・堺市主催、朝日新聞社など後援)が28日、東京都中央区の東京コンベンションホールであった。

 宮内庁の徳田誠志・書陵部陵墓調査官や堺市の担当者らが「古墳群」の概要や登録までの経緯を紹介。続いて関西大学や山口大学の研究者らも参加し、古墳群の世界的な位置づけや今後の保護・活用の在り方などについて意見を交わした。(シンポの内容は後日詳報します)