[PR]

 「SNSで『なりすまし』の被害に困っている女性がいる」。ツイッターを通じて連絡を取ると、女性は「複数、同時に現れた」と言う。取材班が話を聞きに出かけた。

 ■「人間関係壊れる」

 夕方のJR広島駅。マツダスタジアムに向かうカープファンでごった返す駅前で古田ちさこさん(33)と待ち合わせた。2014年、ユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれた「カープ女子」。その代表として表彰式に招かれた3人のうちの1人だ。3人は「カープ愛」あふれる発言が話題を呼び、「カープ女子・神3(かみスリー)」と呼ばれた。古田さんは東京都内の会社に勤めるが、野球関連の番組やイベントへの出演依頼が急増した。

 古田さんによると、SNSに「なりすまし」がいるのに気づいたのは今年4月末。友人が教えてくれた。

 「これほんもの?」

 インスタグラムで顔写真が勝手に使われていた。自身のツイッターで説明すると、そのアカウントは消えた。だが、「なりすまし」はLINEにも。古田さんのインスタグラムのフォロワーにダイレクトメール(DM)を送信。偽のLINEアカウントに誘導してやりとりしていたという。

 「『なりすまし』は私の複数の友人に『眠れない』とメッセージを送っていました。返信すると、その後……」。友人には、ひわいな言葉や画像が送られていたという。古田さんは「一体何が目的なのか。大切な人間関係や自分のイメージを勝手に壊されていると感じます」と話す。

 新日本プロレスは今年3月、公式ツイッターや所属レスラーのSNSの「なりすまし」が現れたと、ホームページで注意喚起した。

 広報担当者によると、レスラーに自ら情報を発信することを奨励しているが、3年ほど前から被害が増え始めた。「レスラーは自己プロデュースが大事な仕事。SNSも重要な役割を占めており、『なりすまし』には頭を悩ませている」という。

 ■一気に拡散の恐れ

 被害に遭った場合、どうすればいいのか。SNS運営各社は、利用者から報告があると、調査をし、必要と認めれば、なりすましのアカウントを停止するなどの対応を取っている。

 ただ、SNSトラブルに詳しく、ユーチューブで法律解説動画を公開する久保田康介弁護士(32)=兵庫県弁護士会=によると、実際の対応には時間がかかることもあるといい、「『なりすまし』を発見したら、まず画面を保存し、証拠を残してください」と助言する。対処しようと思った頃にはなりすましアカウントがすでに削除されていることもあるからだ。「なりすまし」が「犯罪予告をしたり、金銭を誰かに要求したりすれば、すぐに警察に相談するべきです」と話す。

 SNSトラブルや、ネット上の企業の風評被害対策に取り組む河瀬季(とき)弁護士(38)=第二東京弁護士会=は「ほとんどのなりすましは、対象へのあこがれや愛情の裏返しで迷惑行為を行う一般人。紛らわしいサイトに誘導するなど営利目的の場合もあるが、警告さえすれば迷惑行為をやめることが多い」。

 しかし、「なりすまし」が送ったうそのメッセージが他のSNSや掲示板に転載されると、一気に拡散する可能性がある。「SNSや掲示板の書き込みは、真実かうそかに関わらず、拡散されると『デジタル・タトゥー(入れ墨)』となってネットに残り続けます」。削除はSNS運営会社などに1件1件申請が必要で、全てを削除しない限り新たに拡散される可能性が残る。河瀬さんは、個人や企業の依頼を受け、書き込みやWEBサイトの削除に取り組むが、「海外の会社が運営する掲示板などに拡散するとたちまち対処が難しくなる。早めに動くことが大事です」と話している。(高橋大作)

 ■身近な疑問、募集します

 身近な疑問や困りごとを募集して取材する企画です。ツイッターでハッシュタグ「#ニュース4U」をつけて投稿してください。LINEはID「@asahi_shimbun」かQRコードで「友だち追加」をお願いします。随時掲載です。

こんなニュースも