[PR]

 朝日新聞社のアルバム・写真デジタル化サービス「ニッポン写真遺産」。昨年春の事業スタート以来、累計受注枚数は200万枚を超えました。お客様から寄せられた印象的な写真を紹介するとともに、専門家に写真整理のコツを聞きました。

 ■DVD化、大画面に映して思い出たどる日々 野口雨情と本居長世を囲む1枚など、亡き母が保管

 「赤い靴」「七つの子」などの童謡を残した名コンビ、詩人の野口雨情、作曲家の本居長世を囲むように撮影された記念写真。さいたま市の佐藤敏夫さん(93)の母キクさんが、大切に保管していた1枚だ。

 アルバム31冊、ポケットアルバム50冊に収められた家族写真や一家に伝わる古い写真計約9350枚とともに、朝日新聞社のデジタル化サービス「ニッポン写真遺産」を通じてDVDになった。

 写真の裏には、写っている人の名前とともに「大正十五(1926)年十二月四日」「童謡音楽と舞踊と御(お)話の会」「水海道高等女学校(現・茨城県立水海道第二高校、常総市水海道橋本町)に於(お)(い)て」と書いてある。童謡歌手として活躍した、本居の3人の娘、作文教育で知られた教員ら地域の名士もいる。

 看護師だったキクさんは、茨城県南部で暮らした当時、この地域の有力者一家と交流が深かったといい「記念にもらい受けたのではないか」と佐藤さんは推測する。

 野口の孫で茨城県北茨城市にある生家・資料館の代表である不二子さん(76)によると、この写真の存在は知っていたが、野口や本居一家以外の氏名や詳しい撮影場所は不明だったという。「古いものを大事にしていただいた。野口の心が伝わったようでうれしい」と喜ぶ。

 キクさんは戦後、故郷の福島県相馬市で暮らした。最期をみとるために36年前、佐藤さんが当時暮らした千葉県に呼び寄せた際、身の回りの品とともに、こうした写真の詰まった段ボール箱を持ってきた。

 家族の写真をこつこつと整理し続けた佐藤さんの妻和子さんも3年前に亡くなり、作業を引き継いだ佐藤さんが約1年半かけてアルバムにまとめた。ちょうど作業を終えたころ、ニッポン写真遺産の広告を目にした。

 「めぼしい写真をDVDにしてもらおう」と提案したのは長男の秀敏さん(68)。「全部やってしまおう」と佐藤さんが応じた。DVDが届いて以来、テレビの大画面に写真を映して思い出をたどるのが佐藤さんの日課になった。

 「もうみんな亡くなってしまった。だけど、ここには昔のままいるからね」

 野口は1919年創刊の童謡童話雑誌「金の船」(のち「金の星」、29年終刊)初代編集長を務めた。くしくも今年は100周年にあたる。(小倉いづみ)

 ■しまいこまず、いつでも見返せるように 写真整理協会理事・浅川純子さん

 お盆休みは帰省して実家の片付けを、という方も多いでしょう。そんなときに役立つ写真の整理方法などについて、一般社団法人写真整理協会理事の浅川純子さんに聞きました。

     ◇

 いざ「整理しよう」と思っても、大量の写真を前に途方にくれる方もいると思います。難しく考えず、まずは不要な写真を減らすことから始めましょう。手ブレやピンボケだったり、同じ構図のものが複数枚あったり。そうした写真を取り除くことで、一定量を減らせます。

 人が写っていない風景写真も減らせる対象になります。有名な観光地の風景は、自分が写真で手元に残しておかなくても、旅行ガイドや絵ハガキに必ず同じようなカットがあります。

 さらに厳選して人生のベストアルバムを作るなら、10代、20代、30代など各年代で数枚ずつ、結婚や出産など大きなライフイベントを漏らさないようピックアップするといいですね。

 ただ、厳選した写真だけを残して「他は捨ててしまった」というお客様が後悔する姿を見たことがあります。それを防げるのがデジタル化です。画像データにすれば、物理的な保管場所を気にせずに済みます。しかも、フォトブックを作ったり、画像をテレビで見られる機器を使ってリビングで気軽に眺めたり、楽しみが広がります。

 デジタル化したらバックアップも大切。お薦めは「手元に2カ所+クラウド1カ所」での保存。手元の2カ所は「パソコンとDVD」でもいいし「パソコンと紙」でも大丈夫です。

 忘れないでほしいのは、目的は「いつでも見返せるようにする」ということ。押し入れの奥にしまいこんでは意味がありません。整理した写真をさまざまに活用して楽しんで下さい。(聞き手・樋口慶)

     *

 1965年生まれ。日本IBM勤務、パソコン教室講師を経て、2015年、一般社団法人パソコープで写真整理アドバイザーの資格制度を創設。18年から現職。

 ◇ニッポン写真遺産ウェブサイトにインタビュー全文を掲載。QRコードを読み取るか、https://shashin-isan.asahi.com/column/tips/column-1192/別ウインドウで開きます

 ■みなさんの鉄道写真、パネル展示 コンテスト入選作とともに

 当サービスでは、鉄道情報サイト「鉄道コム」とともに「懐かしの鉄道写真展」を開催します。

 鉄道コムは、朝日新聞社グループの朝日インタラクティブが運営する日本最大級の鉄道情報サイトです。サイト創設20周年を記念した「懐かしの鉄道写真コンテスト」を8月に実施。入選作とともに、当サービスのお客様から寄せられた鉄道写真の一部をパネル展示します。

 コンテストの詳細はウェブサイトで(QRコードを読み取るか、https://www.tetsudo.com/special/20th/contest/別ウインドウで開きます)。

 写真展の会場は朝日新聞東京本社と大阪本社で、いずれも観覧自由。

 ◇東京本社 9月14~27日、本館2階コンコースギャラリー

 ◇大阪本社 10月4~17日、中之島フェスティバルタワー13階スカイロビー

 ■約4千枚がディスク1枚に

 ニッポン写真遺産は家庭のアルバムやプリント写真をお預かりしてスキャンし、画像データと一緒にお返しするサービスです。

 デジタル化すれば、約4千枚のL判写真が、パソコンで閲覧できるDVD―Rディスク1枚に。部屋の片付けやご家族での共有に便利です。自分史作りの準備にも最適。スマホで思い出を持ち運ぶこともできます。

 ■夏のお得なキャンペーンを実施中

 当サービスでは、税別3万円以上のご利用時に、段ボールなどの資材を含む「発送キット」1箱(送料込み、3千円相当)が無料になる「2019夏休みキャンペーン」を実施中です。8月31日までに申し込みいただいたお客様が対象です。詳しくは下記へ。

 ◆ウェブサイト  https://shashin-isan.asahi.com/別ウインドウで開きます

 ◆コールセンター 東京03・6868・8255 大阪06・7878・6588