[PR]

 このひと月は、ずっと大江健三郎ばかり読んでいる。

 NHKのEテレに「100分de名著」という番組がある。9月に大江の長篇(ちょうへん)小説『燃えあがる緑の木』(新潮文庫)が取り上げられることとなり、僕が講師を担当するのだ。

 『燃えあがる緑の木』は、3部から構成され、1993年から毎年1部ずつ文…

この記事は有料会員記事です。残り1655文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1655文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1655文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも