[PR]

 経済産業省と国土交通省は30日、海上に風車を立てて発電する洋上風力発電の整備を優先的に進める4区域を発表した。今後、地元自治体や漁業者らによる協議会を設置して漁業などへの影響を見極め、年内にも政府が正式に「促進区域」として指定する。

 両省が「有望」とする4区域は、秋田県の「能代市・三種町・男鹿市…

この記事は有料会員記事です。残り354文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り354文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り354文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも