(明日へのLesson)特別編:著者がとく 福岡伸一さん 『動的平衡』×同志社大学入試

有料記事

[PR]

 「生命とは何か」をわかりやすい文章で説く生物学者の福岡伸一さん(59)は、入試問題で頻出著者の一人だ。2009年の『動的平衡』を使った設問(10年度、同志社大学「国語」)を解いてもらい、生命と科学技術の発展について聞いた。

 ■<解く>自らを壊し、作り替えていく生命

 「問題を解く前に」と福岡さ…

この記事は有料記事です。残り2722文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!