国連機関3トップ、職権乱用した疑い パレスチナ難民救済の組織

有料会員記事

[PR]

 国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)で、トップのクレヘンビュール事務局長ら複数の幹部が、不適切な職員の同伴や採用をしたり、パワハラをしたりしていた疑いのあることがわかった。カタール衛星テレビアルジャジーラが29日、内部報告書をもとに報じ、国連側も調査中であることを認めた。

ここから続き

 アルジャジ…

この記事は有料会員記事です。残り450文字有料会員になると続きをお読みいただけます。