[PR]

 大人になるにつれての変化、苦しくも楽しい学校生活、恋への憧れ……。さが総文文芸部門の俳句作品(自由題)は、青春まっただ中の高校生の「リアル」な心情が、五・七・五のリズムでみずみずしく表現されている。

 《進級し十六歳は薄いひげ》

 ストレートな表現がほほえましい一句は、佐賀県立伊万里高校(伊万里市…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも