[PR]

 ■野家(のえ)啓一さんが選ぶ

 (1)車谷長吉著『鹽壺(しおつぼ)の匙(さじ)』(新潮社、1992年刊) 死滅したかと思われていた「私小説」を平成の世に蘇(よみがえ)らせた作品集。ペン先をおのれの臓腑(ぞうふ)に突き立て、ほとばしる血糊(ちのり)で書き上げた「生前の遺稿」は、その毒で都会人の心胆…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも