[PR]

 観客の無意識をつかさどり、作品の印象をプロデュースする舞台美術家。その若きトップランナー、ベルギー在住の針生康(しずか)がこの夏、東京・サントリーホールの「サマーフェスティバル2019」で日本初演されるジョージ・ベンジャミンの現代オペラ「リトゥン・オン・スキン」に挑む。

 両親ともに建築家で、家業…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも