[PR]

 米連邦準備制度理事会(FRB)が10年半ぶりに利下げし、欧米などの主要中央銀行が金融緩和にかじを切る動きが本格化してきた。世界経済の先行き不透明感が強まり、物価上昇も鈍いためだ。ただ、米国などでは中央銀行に緩和を求める政治圧力も強まる。緩和マネー頼みの景気下支え策はリスクもはらんでいる。▼1面参照…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも