[PR]

 ■演者の違和感が希望にかわる時

 「ミスター・ロンリー」はタイトル通り憂鬱(ゆううつ)で美しい映画です。一見関係のない二つの物語が一つの映画として描かれ、信仰心に潜む悲哀が二つをつないでいます。

 中心になるのはマイケル・ジャクソンとして生きる青年が、マリリン・モンローとして生きるインパーソネー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも