[PR]

 巨大津波への警告は出していた――地震学の第一人者である東京大学名誉教授・島崎邦彦さん(73)が福島原発事故をめぐる裁判でそう主張している。

 日本地震学会長や地震予知連絡会長などを歴任。2002年7月、政府の地震調査研究推進本部の部会長として、福島沖を含む三陸沖から房総沖の大津波の可能性を示す「長…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも