[PR]

 「古典百名山」で平田オリザさんが取り上げた尾崎紅葉『金色夜叉』を再読したら、記憶にあるより数倍面白かった。熱海の砂浜での悪名高き「足蹴」に至る前、うだうだ恨み言を並べる貫一と、煮え切らないお宮の会話は絶妙だ。

 その怪作を橋本治さんが翻案したのが『黄金夜界』。古典の現代語訳の名手にかかると、宮は美…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも