[PR]

 明治の後期、黒田清輝の油彩「裸体婦人像」が画壇を騒がせた。欧州滞在中に描いた優美な作品を当局が問題視。主催者は絵の下半分を茶色の布で覆った▼わが国の美術史に語り継がれる「腰巻(こしまき)事件」である。与謝野鉄幹は憤慨し、森鴎外は皮肉を浴びせた。黒田自身、数年前に自作の別の裸像が「風紀を害する」と批…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも