[PR]

 多様な美術動向をたった一人で「体現」している――。美術家・大竹伸朗(しんろう)(63)の、関東の美術館では13年ぶりの個展は、やや大げさに形容したくなる魅力を備えている。

 国内外の国際展にひっぱりだこで、空間的な展示も手がける大竹だが、今回はほとんどが平面作品。それも何と606点が、壁を埋め、机…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも