(経済気象台)持続的な森林管理の心

有料会員記事

[PR]

 戦後荒廃した北海道の山に1950年代にかけて、炭鉱の坑木のためにカラマツが植樹された。しかし、相次ぐ閉山で、行き場のない、しかも同時期に伐採期を迎える大量の木材資源が蓄積された。それが伐採期を迎えているのが、今の北海道である。

 50~100年という植樹から伐採までのサイクルを崩さないように、先を…

この記事は有料会員記事です。残り590文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載経済気象台

この連載の一覧を見る