[PR]

 理化学研究所などの研究チームは、妊婦への超音波検査の際にAI(人工知能)を使い、胎児の心臓の異常を見つける技術を開発したと発表した。2~3年後の実用化をめざしているという。

 先天的な心臓病は、全出生児の約1%に起きる。生命の危機となることもあり、胎児のうちに診断し、生まれた直後に治療を始めること…

この記事は有料会員記事です。残り359文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り359文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り359文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも