[PR]

 人間一人死ぬのはただ一度のこと、せめて死ぬときだけは厳粛に、立派にと思っていた

 (森定子)

     ◇

 戦争体験を集めた『戦中・戦後の暮しの記録』(暮しの手帖社編)から。戦争末期50歳で召集され、苛酷(かこく)な軍務のなか病に倒れた夫は、終戦となって高熱のまま家に戻され、窮乏の末ついに一度も…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら