[PR]

 川上未映子さんの『夏物語』(文芸春秋)は読み始めてすぐ、懐かしさに出合う。このひとたちを知っている、と。2008年に芥川賞を受けた短編「乳と卵」で描いた女性たちが、再び、にぎやかな関西弁でしゃべっているのだ。一つの短編を丸々のみこんで、生殖倫理というテーマに踏み込んだ。生まれること、産むこと産まな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも