[PR]

 東芝が7日発表した2019年4~6月期決算(米国会計基準)は、純損益が1402億円の赤字(前年同期は1兆167億円の黒字)だった。撤退を決めた米国の液化天然ガス(LNG)事業の売却に伴う損失引当金893億円を計上したことや、半導体市況の低迷により約4割を出資する半導体大手の東芝メモリの業績が悪化し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも