[PR]

 中学生のいじめ自殺をテーマにした舞台「親の顔が見たい」が、22日から川崎市で公演される。いじめグループの保護者たちを演じるのは、現役の教員らだ。被害生徒の遺書をめぐる保護者と学校側の攻防劇に、演出家は「誰もが『我がこと』ととらえてほしい」と願いをこめる。

 「親の顔が見たい」は、劇作家で高校教師…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも