[PR]

 ■他人の痛み、目を閉じ想像して

 大学生 林田慈音(広島県 21)

 長崎で生まれ育ち、小学校時代から被爆者講話などの授業を受け、ずっと原爆や平和について考えてきた。当然だと思っていた。

 高校3年の時、部活動の全国大会に出場。8月9日11時2分、会場にサイレンが響く中、黙祷(もくとう)をせず話し…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも