(社説余滴)防災士の力、いまこそ 前田史郎

有料会員記事

[PR]

 大雨で土砂崩れや洪水が起きた際、人的な被害がほとんどなかった地域を何カ所か取材すると、往々にして共通点がある。周囲に「逃げよう」と声をかける人がいることだ。

 昨年の西日本豪雨の後、広島市の検証会議が、避難した人に避難の決め手は何だったのかをアンケートした。その結果、「近所の人や消防団の呼びかけ」…

この記事は有料会員記事です。残り738文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載社説余滴

この連載の一覧を見る