[PR]

 米中摩擦の長期化への懸念から、9日の米ニューヨーク外国為替市場では、ドルを売って「安全資産」とされる円を買う動きが強まった。円相場は一時1ドル=105円27銭と、1月上旬以来ほぼ7カ月ぶりの水準まで円高が進んだ。

 トランプ氏が中国への追加関税「第4弾」を表明して以降、対ドルで約4円も円高が進んだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも