[PR]

 関東一(東東京)が10日、点の取り合いとなった日本文理(新潟)との一戦を10―6で制した。大病を克服した金森優君(3年)が守備の要として途中から出場し、役割を果たした。

 2点リードの七回表1死二、三塁。三塁前に打球が転がった。この回から出場した三塁手の金森君は、本塁へ突入する走者を見ながら、冷静…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも