[PR]

 週明け12日の米ニューヨーク株式市場は、米中通商摩擦の激化などを受けて世界経済の減速懸念が強まり、大企業で構成するダウ工業株平均が大幅に続落した。終値は前週末比389・73ドル(1・48%)安い2万5897・71ドル。下げ幅は一時462ドルに達した。

 貿易摩擦が世界的な景気減速につながる懸念が強…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも