[PR]

 中国の唐時代(618~907年)に主に王侯貴族の副葬品として作られた陶器「唐三彩」を紹介する展覧会が東京・丸の内の出光美術館で開かれている。

 唐三彩は白地に緑釉(ゆう)・褐釉・白釉(透明釉)などがかけられた色鮮やかな陶器。20世紀初頭、中国の鉄道敷設工事中に偶然発見されると、欧米や日本でコレクタ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも