[PR]

 ■(セーフアウト)磯村犠飛、読みピタリ Gにもピタリ

 この試合3度目となるフルベースの絶好機。打ち損じの許されない重圧がかかる場面で、自分の出番が回ってくることを、広島の代打・磯村は予測していた。

 1―1で迎えた延長十一回。先頭の4番鈴木が左翼フェンス直撃の二塁打で出塁。続く野間がきっちり犠打…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも